【1週間食べて痩せる脂肪燃焼スープ】を試してみた。

【1週間食べて痩せる脂肪燃焼スープ】を試してみた。

数年前の話ではあるが、一人暮らしだった私はもらった給料を湯水のごとく使用し、
食べたいものは食べ、飲みたいものは飲んだ生活を繰り返した結果、
体重は110s、顔はまん丸に膨れ上がった。
そんな私に待っていたのはリストラ。再就職のあてもなく一度帰省。
再就職先を探す間、母親がダイエットの方法として毎食この「脂肪燃焼スープ」を食べさせられた。

 

この「脂肪燃焼スープ」は心臓またはその他の外科手術の前に短期間で脂肪を燃焼させるスープであると紹介され、
スープのみであれば何回でも食べる事が許されるものであった。

 

材料は、キャベツ、玉ねぎ、セロリ、ホールトマト、チキンスープ(我が家ではコンソメスープの素でした。)を
入れたもので、トマトが苦手だった私だが熱が通ったトマトであったため、
ミネストローネを飲むような感覚で飲んでいた。

 

作り方は野菜を一口大にそれぞれ切って、大きな鍋にチキンスープの素ホールトマトをいれ、
水をひたひたになるまで入れて煮込む。最後に塩コショウで味を調えたスープ。
そのスープはキャベツ、玉ねぎ、セロリが具として入っていたので、常に噛んでいた。

 

よくよく考えたら、繊維質の野菜がたっぷりなので、噛んですり潰すことが、
実はダイエットに最も効果的だったのではと思った。
このダイエットの注意点としては、パンや揚げ物、炭酸飲料、アルコールは禁止。
水、お茶、コーヒーはブラックならOK。
砂糖は摂取してはいけないなど、多々あるが、先程述べた通り
キャベツ・玉ねぎ、セロリが繊維を含んでいる野菜であり、結構な時間咀嚼をすることになるので、
自然と、満腹になってしまった。

 

私は次の就職先が決まるまでの数か月間、毎食スープを食した。
その結果は、110sあった体重は80kg位まで痩せることができた。
また、真ん丸だった顔が顎のあたりからすっきりになり、動きも軽やかになった。

 

このスープだけに限らず、今回思ったことは
1.暴飲暴食はいけない。
2.咀嚼をたくさん行う。
3.野菜をたくさんとる。
4.適度な運動を行う。

 

以上のことを常に行っていれば、太ることもなくなるんだなぁと思った。

 

110kgの頃の私にもどってしまったら、もうこの先平穏無事に生きることはないかもしれないと
今回のダイエットで痛感した。
今回紹介したダイエットはあくまでも一つの方法で、今回思ったことを常に実施していれば
健康的な人生を迎えることができるんだとも思った。

 

太りすぎは怖い。

 

関連ページ

野菜ジュースダイエットで一週間で10キロ痩せたことがありました!
毎日の野菜ジュースで10日で10キロ痩せました!まるで自分の顔が別人のようになれて見事に変身
体重80キロオーバーな私が今までしてきたダイエット
私がダイエットを頑張れた秘密はコレ!愛のチカラでダイエット成功!!